2009.06.07 03:06

MISTで期間限定のほにゃらら冷やしラーメン?
を頂いたゆぅりですけども.<節約しなくちゃだよ!

今日はスペシャルサンクス!(b^ー°)ってことで,
妄想小説~七夕祭り~を書いてみました.って,
妄想ですか?いりませんよね?そうですよね?
でも書いちゃいましたもん.ごめんなさいですぅ.

ますだくん大好きなゆぅりですが,祐也で….
祐くんかわいいよぉってことで.祐也で….

妄想小説読んでもOK(o^-')bな方のみ,
駒を進めてくださいねっ☆
ではまたバイバイヾ(*'-'*)


注意)テゴマス「七夕祭り」とは設定が異なります.あくまでゆぅりの妄想ですから.そして,読み直しはしませんので,思いつくまま,さらさらと…皆さんも読み流してさらさらと…で,お願い致します.では,どうぞ….

~七夕祭り~

着信音♪

誰かなぁ…
ん~,眠いのに…

プピ♪

「もしもし…」
「…ぁん?祐くん?なにぃ?」
「お前さ,明日,暇?」
「なんでぇ?」
「駅前大通どうよ?」
「なんかあんの~」
「七夕祭りだけどさ…」
「ん~」
「なんか用事あんの?」
「…なんか?…ないけど…」
「ぉっ,決まりね!」
「あ…,うん.なんもないし…」
「さんきゅ,じゃ,お前んち行くわ.」
「ん,おーけ.じゃね…」
「じゃぁな.」

今さらなんでよ?もうオトナなのに…祐くん,ヘンなの?
ま,いいか,久しぶりに願いごとでもすっかなぁ…

駅前大通,それはきっと二人の思い出の場所.
小さい頃,祐くんのママやうちのママと一緒に出かけた七夕祭り.
金魚すくいに夢中になって,浴衣の袖を濡らした祐くん.
ヨーヨーが割れて泣いてたわたしに,自分のを譲ってくれた祐くん.

久しぶりだなぁ…浴衣,着てくかなぁ…

~翌日~

「ママー,早くしてよ~」
「はぃはぃ,祐くんも急ねぇ…」
「そんなん,知らないよ~」
「祐くんママに,お願いしといたわよ.」
「何を?」
「よろしくねって…」
「はぁ?訳分かんないわ?」
「はい,出来上がり!」
「ぉ,わたしも捨てたもんじゃないじゃん?」
「あら?祐くん,来たみたいね.」
「うんっ」
「じゃ,いってらっしゃい」

バタバタと玄関に走り,履き馴れない下駄に足を入れてみた.
久しぶりの浴衣,下駄で歩くのもなんだか不安なわたし….
袖口を掴んで,足元を確認してみた.ちょっとイケテル?
そして,思い切りドアを開けたその先には…

「お待た…!…ひぇ~祐くん,浴衣!」
「な,なんだよ…」
「カッコイイじゃん!」
「おぅ…お,お前もな…」

髪の毛をくしゃくしゃにしながら,少し照れた笑顔が眩しい.
何,なんでドキドキすんのよ…戸惑いながら歩き始める.
ふと右隣の彼を確かめようと,顔を横に向けると….

あれ?なんで目線が腕なの?
背が高くなった?のかな?
いつも自転車乗っててわからなかったのかな?

少しだけ…自分の知らない祐くんがそこにいた.
なんだかちょっぴり切ないよ…そんなに会ってなかったっけ?

駅前大通には,大きな飾りが所狭しと飾られ,
お店の前にも小さな笹が飾られていた.

「結構,いるなー」
「ちびっこばっかりね(笑)」
「お前もな」
「あー,ひどーい」

からかうなんてさ…いつからなのよ?わたしを子ども扱いしてさ.
でも,いいや祐くんだから.なんだかわかんないけど….

金魚すくい,射的,型抜き,わたしの好きなあんずあめ.
祐くん,よくお分かりで(笑)楽しいね♪
わたしが誘ったわけじゃないのに,なんだか夢中?
祐くん,昔と変わってないよ,何やっても負けず嫌いで.
今もさ,一生懸命,ヨーヨー取ってくれて…
ありがと….

「そろそろ,帰るか?」
「あ,うん…」
「短冊,書いてねぇけど?」
「そうだよ!七夕なのに!」
「何が,そうだよ!だよ…お前さ…」
「ん?」
「なんでもねぇよ.」

2人は大通りの真ん中にある大笹の前に立った.

「短冊,短冊~」
「あのさ,2つ書かない?」
「2つ?」
「1つはお互いのことを書く.」
「お互いのこと?」
「そ,お前は俺のこと,俺はお前のことを書くの.」
「ふーん.」
「で,見せ合う.」
「えー!」
「もう1つは自分の願い事を書く.」
「こっちは見せない.」
「えー!見せるのやだよー!」
「そんな恥ずかしいこと書くのかよ?」
「ち,ちがうよ!」
「じゃ,決まりね.」

なんだか分からないけど,短冊持ってこなくちゃ…

「祐くん,はい.青いのと黄色いの.」
「わたしは,桃色と黄色いの.」
「よし!黄色いのはお互いのことな.」

祐くん,なんだか張り切ってるなー.
何をお願いしようか…祐くんのこと,自分のこと.

気が付けば街灯に灯りが点り,大通りもライトアップ.
短冊を手にした祐くんが随分オトナに見えた….
どんどんカッコよくなっていくね?なんとなくだけど.
浴衣姿を見たとき,どっきどきしたよ….わかんないけど.
祐くん,なんで誘ってくれたんだろう?教えてくれる?

「おぃ,ぼーっとしてんなよ?」
「あ,ごめん.」
「書けたか?」
「まだ…今書く.」
「全然変わらねぇなぁ…書けよ.」
「う,うん.」

そうだ…祐くんにはこれ!そして,わたしのお願いは…
短冊には2人の願いごとが綴られた.

「よし,お互いの交換しよ!」
「えー!」
「約束だぞ.」
「わかったぁ.はいっ.」
「ん?なんだよこれ?」

『サッカーで怪我をしないように』

「だってぇ~.祐くん,怪我したらやだもん.」
「おぉ、おぅ.ありがとな…」
「祐くんだって,何これ?」

『少しは休めよ!!』

「お前さ,なんでも無理すっから….」
「あ,うん…ありがと.」
「じゃ,自分の願いごとを…」
「お隣に飾っていい?」
「ダメだよ,見えちゃうじゃん.」
「そっか…じゃ,いいよぉ…」

2人はそれぞれの短冊を笹にくくり付けた.
わたしは軽く短冊に向かって手を合わせると,
少し離れた祐くんに向かって小走りに走った.

「なに書いたの?」
「ん?」
「知りたい?」
「うんっ!」
「明日見に来たら?」
「えー,どれかわかんないもん.」
「じゃっさ,手つないでくれたら教えてあげる.」
「は?」
「うっそー!さ,帰ろうぜ!」
「祐くんってば!」

無邪気な笑顔で走り出した祐也を必死で追った.
あの頃の2人のように…家まで追いかけっこして.

2人が去った大笹には,青い短冊と桃色の短冊が,
星達に照らされながら,優しい夜風に揺れていた.

『ずっと見守ってるよ!』
『ずっとそばにいてね!』

2人の想いを,織姫と彦星は1つの星にした.
そう,2人の星がずっとずっと輝くように….




おしまいです.


関連記事

| テゴマス | コメント(14) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

Re: うっひょぉい

シホリーヌさん,こちらにもコメを頂けるなんて…ありがとうございます!

> なんて言ったらいいかなぁ……。
>
はいっ!

> ときめいちゃった
>
いや~んっ(*^-^*)

> こんな可愛い恋は現実にはなかなか(クールになっちゃうもんね)
>
なるほど・・・それはシホリーヌさんの場合ですか?
クールなんだ.むふふ.カッコイイですね~ステキ☆
わたし,結構女の子できます~(って年齢は遥か彼方へ)

> 妄想も好きで~す

ありがとうございます!
もし良かったら,わたしのリンクのところから
milkちゃんの妄想小説を読みに行ってみて!
もうすぐ新作が出るそうです~

| ゆぅり⇒シホリーヌさんへ | URL | 2009.06.09 00:59 | 編集 |

Re: 読ませて貰いました。

naokoさん,お呼び立てして申し訳ありませんでした.
読んでくださって,ありがとうございます.

> 読んでて、凄く、暖かい感じの小説・・・

ありがとうございます!
ちょっと少女っぽくしてみたんですけど,
設定は21歳くらいなんですよ~

歌詞の内容を80%くらい引っ張っての展開.
ただし,女の子は近所に住んでいますけど.

次回はますだくんで,チャレンジしてみまっす~

| ゆぅり⇒naokoさんへ | URL | 2009.06.09 00:50 | 編集 |

ありがとう☆

しおりんちゃん☆

> ゆうりさん☆コメ遅くなっちゃってごめんなさーい
>
とんでもない!いつもありがとうねっ☆

> なんだか可愛い小説ですね♪
> テゴマスっぽいしなんだかほんわかしちゃう!
> やっぱり可愛いらしいのが似合うというか…

ううーん,わたしの中では祐くんは未完成な男の子.
だから,うーんと可愛くしたくなっちゃうんだよ.

> でもたまにエロいのも書きたくなっちゃうんですよね~笑

あはは・・・わかるわかる.
ここではキスシーンも書けないです.
どこで書こうかな?って迷う・・・
やっぱり妄想小説ブログよね(^^;

> なんだか私も小説書きたくなっちゃった☆
>
連載中の続きを期待しているからっ!

> また楽しみにしてますね~

ありがとう~別のところでお会いしましょう☆

| ゆぅり⇒しおりんちゃんへ | URL | 2009.06.09 00:47 | 編集 |

ありがとうございます

笑さん,読んでくださってありがとうございます☆

> とってもあったかい気持ちになりましたよ~(´▽`)
> この2人みたいなステキな出来事は、経験したコトはないけど、“こんなのもいいな~”って。
>
なんていうんだろう?空気みたいな存在なのかな?
お互い必要な存在っていうか・・・ステキですよね☆

> 私も今年は、七夕飾りを飾ろうと思っちゃってます!

わぁ~ステキ☆
我が家も娘ちゃんたちが小さい頃は,飾っていましたよ!
今年は久しぶりに飾ろうかな?ワクワクしてきたなぁ~

| ゆぅり⇒笑さんへ | URL | 2009.06.09 00:43 | 編集 |

どきどきした?

Kちゃん,いつもメールありがとー
読んでくださって,さらにありがとー

ゆぅりの中の祐くんだからねっ.
ちょっぴり強引で無邪気なのよ.
どきどきして頂けて嬉しいです.

妄想は無料だから・・・
関根勉もオススメしてるしね(^^;

| ゆぅり⇒秘コメのKちゃんへ | URL | 2009.06.09 00:32 | 編集 |

うっひょぉい[s:20296]

なんて言ったらいいかなぁ……。




ときめいちゃった

こんな可愛い恋は現実にはなかなか(クールになっちゃうもんね)

妄想も好きで~す

| シホリーヌ | URL | 2009.06.08 18:42 | 編集 |

読ませて貰いました。

ゆぅりさん!
読んでて、凄く、暖かい感じの小説・・・って思いました。「七夕祭り」・・・ステキ!だなぁ・・って思える感じになりました。私は文章力がないから、小説とか書けなくて、羨ましいです。また、読ませて下さいね。

| naoko | URL | 2009.06.08 09:00 |

ゆうりさん☆コメ遅くなっちゃってごめんなさーい

なんだか可愛い小説ですね♪
テゴマスっぽいしなんだかほんわかしちゃう!
やっぱり可愛いらしいのが似合うというか…
でもたまにエロいのも書きたくなっちゃうんですよね~笑
なんだか私も小説書きたくなっちゃった☆

また楽しみにしてますね~

| しおりん☆ | URL | 2009.06.07 23:50 | 編集 |

とってもあったかい気持ちになりましたよ~(´▽`)
この2人みたいなステキな出来事は、経験したコトはないけど、“こんなのもいいな~”って。

私も今年は、七夕飾りを飾ろうと思っちゃってます!

| 笑 | URL | 2009.06.07 22:45 | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2009.06.07 21:25 |

次は小山Pね☆

へなぴーちゃん,読んでくれてありがとうございました☆へなぴーちゃんのように,素敵な文章を書けたらいいんだろうけど,いっつも少女アニメになっちゃっうんだ….

今回は七夕祭りを全くのイメージ,強いて言えば,平塚の七夕祭りをイメージして書きました.行ったことないんだよねぇ….できれば,ますだくんと行きたいんだけど…f^_^;

またいろいろと教えてくださいね☆

| ゆぅり⇒へなぴーちゃんへ | URL | 2009.06.07 18:30 | 編集 |

ありがとうございます

mi-miちゃん,読んでくれてありがとうございました(v^-゜)しかも,ハートビートUPして頂けて嬉しいです

幼なじみって,たとえお互いが別々の人生を歩んでいたとしても,気になる存在で,知っていたい存在なのかな?って思うんだよね~.

あー,ますだくんでも書いて見ようかなぁ~ますだくんは謎が多いからめっちゃ妄想が必要だよね?

ありがとうございました(^o^)/

| ゆぅり⇒mi-miちゃんへ | URL | 2009.06.07 18:24 | 編集 |

ゆぅりちゃん早速読みに来たよ~
いやぁ~ん
最近の私に欠けてる?
あっこの前ちょっとだけ乙女な気持ちにさせてもらったけど(^^;)
なんか祐也らしくって納得しながら読んじゃった。
可愛らしい話でキュンキュンしちゃったぁv-398
私にとっては祐也は息子なんでやっぱ慶ちゃんかPちゃんでもv-403
キュンキュンしたいなぁ
愛に飢えてる私に誰か~愛の手をv-222

| へなぴー | URL | 2009.06.07 13:56 | 編集 |

にゃーーーーーーーv-345

わたくし、発情しておりますv-402
幼なじみって、すっごく特別で、
そこには誰も入る余地がないってとこが
いいだよね~~~~!!!

イイもの読ませてもらったわv-363
ありがとv-343

| mi-mi | URL | 2009.06.07 09:01 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード