2012.02.23 20:01

ゆぅりです.


身体中に熱い何かが(笑)

MF2400回記念ライブに足を運んでから,再沸騰を始めた増田愛,昇華してしまう勢いです.


いやいや,今日は違うんです.すでに4年目に突入しているこのblog.開設前後から仲良くして頂いているお友達はご存知のとおり,「ちぃ」の応援ブログでもあります.

ということで,にゃんにゃんにゃんの日に発売となった「SUPER DELICATE」についての感想をチラリと書いてみました.



あら,NEWSやテゴマスじゃないのね?という方はここで畳んでください.

今日もお越し頂きありがとうございました.






● SUPER DELICATE

今回の新曲は、夏のSUMMARYのイメージを残したがっつりストーリー性のある楽曲だなーと感じました。どんな詞が乗ってきても,メロが殺されない感じです.
「理想の息子」を手がけている野島伸司さんが作詞ということだけでなく、何度も繰り返される「きみにしかみせられないかおがある」が刻みこまれるのが痛いです.
曲先なのか詞先なのかと考え込むくらいのマッチングの良さですよね?詞先なのかなぁ?

今,なんとなく流行っているかも?なフォーメーションはJUMPならではの身軽さでこなし,すぐに覚えられそうな(コンサートで踊れそうな)振り付けも良いですね.
サビはファンのみんなも完璧に踊れるんじゃないかな?って感じました.


● JUMP Around The World!!!

この曲は会場で!!!
じゃなくて、複数の作曲家が集まって曲を書くときってどうするんだろう?といつも考えてしまうんですが,この曲もそういうタイプですよねー.
作曲家を見てみると,ジャニーズでは「NEWS:愛なんて」「SexyZone:Knock! Knock!! Kcno!!!」を作った人たち.
同じ作曲家の集まりでも,違うタイプのに仕上がるのは,キーマンによって変わるのかな?そういう現場事情を知りたくなりました…感想でなくてすみません><




● succeed

テゴマスファンならご存知の「僕らしく」を作曲した方Carl Utbultが作曲メンバですね.ジャニーズとスウェーデンの作曲家とは本当に音楽を共に作っている印象が強いです.
勝手な解釈なんですが,ひとつは歌だけでなくダンスも取り入れやすい曲調があるのかな?もうひとつはフォルクローレ的な共通点があるのかな?と感じたりしています.
あ,これも感想じゃないな(^_^;)


● ス・リ・ル [Hey! Say! BEST]

HSJの場合,音源化されていない楽曲が多くあり,Born in the EARTHがレコされた時点で,遡りのレコが出てくるのかな?と期待していた人も多いはず.
ス・リ・ルは,4年ほど前の藪くん色が強いものが耳の残っている古参の方も多いと思います.わたしもその一人.びっとりべっとりそのイメージ(笑)

新しいス・リ・ルはキレがいい(笑)tell…の活舌のいい藪くんwwだいちゃんといのちゃんがスリルってるしwwとにかく昔との比較に走っちって,大人になったなーって感心するばかり.
イントロのサキソフォンの音色はそのままの音色でよかった(ほっ…)そうそう,高木くんの色っぽさが引き立つ感じ.オトナのス・リ・ルに仕上がっていました.


● ワンダーランド・トレイン [Hey! Say! 7]

わたしが当時「知念侑季とゆかいな仲間たち」と呼んで愛でていた曲.当時を知る人なら分かっていただけるかと思います.
とにかく,ちぃの声が最高にキラキラしていた時期の曲だったので,今回はどんな仕上がりになっているのかドキドキでした.

前奏が増えてました(笑)聴き始めた時,あれ?別の曲?って思ったら,前奏(スペース感覚のあるイントロ)が増えていました.
わたしの中でのワンダーランド・トレインではなくなっていたけれど,山田くんじゃなきゃダメなところは変わらずのヴォイスでホッ(笑)
それとテンポが違うかなぁ?ス・リ・ル同様にキレが良くなっていますね~かなーりオトナになったチビ組たちを感じました.




(はみ出し)

それともひとつ,乃木坂46というAKB48の公式ライバルがデビューしました.

「「「「「乃木坂46の応援もよろしくお願いしまーす.」」」」」

というのも,赤ちゃんの頃から見てきた子がメンバに!!応援よろしくお願いします.



関連記事

| Hey!Say!JUMP | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード