2013.05.15 02:03

ゆぅりです。


私的2回目のストレンジ・フルーツ。雨森以来の再会となったブロガーのMちゃんと観劇してきました。

その日は5年越し?長い間ブログを通じて想いを交わしてきたブロガーのSちゃんとの初会いや、ツイッター世界の新しいお友達とのこんにちは。舞台だけでなく、舞台後のお楽しみもいっぱいの日でした。


今回も、まだパンフレットに全部目を通さないままの観劇です。初日の記憶を引き出し紡ぎながら観てきた感想を続きに書きました。

それと、今回は力作の5月のカレンダー。会場でお会いした知り合いのにお渡ししています。お声かけしてくださいな。名刺代わりにお渡ししています。


ダメ出しもしちゃうけどね。ネタバレもあるのでご注意を(笑)


今日もお越し頂きありがとうございました。





初日、消化不良の部分があるにも、気がつけば数日間はストーリーにどっぷり。5月11日までの8日間は、記憶を反芻するには充分な時間がありました。10数回の間に何が変わっているのかドキドキしながら座った席は3階席。少し上手寄りの最前列でした。


始まりの映像は3階席から見ると圧巻。1階席の下手から観た映像とは全く異なる印象。光の広がりやクロスする映像。音とのリンク。あぁ、これなら・・・映像は3階席からに限りますね。Chapter間の映像も3階席からに限ります。全体が観えますよ。


そして白いドレスの花奈。初日は首を括りテーブルを蹴るまでが非常にスピーディーで、え?早っ!という感じでしたが、今回はそれでもためらうようなロープの掛け方、テーブルを蹴る脚のテンポがその時の心情を引き出しているように感じていました。

そして千葉の叫び声…

あの声、ぞわぞわします。

潰しているわけでもなく、でも決して美しい声ではない。叫び声ほど遠くに届かず、嗚咽のように吐き出すわけでもない。できれば二度と聞きたくない。


仲間を蹴散らすような物言いも、軍隊の点呼のようなものから、感情を丸めて痛くぶつけるような感じにかわっていて、何を言っているかがハッキリとわかりました。

それにしても、妊婦のお腹が不自然で笑えます。あれ、なんとかならないのかな(笑)


サンドイッチを食べる千葉は、まっすーなんですよね。しょうがないか・・・


花奈の声のトーンが少し高めになっていたように思えた。それと、ごめん…といいつつも、あんまりごめんじゃないところ(笑)は変わりなくて良かったな。無神経というか無頓着というか、そういうイメージが感じられるから。


ちょっぴり入っていたアドリブ。正直要らない。このストーリーの中では、ちりばめることができないし、笑いを取る必要もないから。笑った人もいるけれど、それも何だか違和感でした。


まだまだ分からないことがあって、パンフも読んでないからだけど、それぞれの人間模様や設定。本当にまだわかりません。個々に設定されている役どころが薄い感じ。それがストーリーに引き出されて使われる感じがなんとなくしっくりきていません。


ラストシーンは初日よりも何倍もよかった。千葉も花奈も大切な時間を少しでも長く過ごそうとしているのが伝わってきた。悔しいけれど、二人とも好きだから、もっともっと大切に演じて欲しいと思ってる。

わたしの味・・・重なり・・・花奈って呼んで、見つめあって・・・重なり

優しい、決して激しくなくて長くなくて、優しくて溶けてしまいそうな二人を観たい。できれば観たくないけど(笑)観たいです。


それからね、千葉くん!パソコン苦手でしょう?3階席から見て笑ってしまったのが、千葉くんのパソコンをいじる手。スライドパッドをクリンクリンしてもだめですよ?それじゃ何もできないからね。


あと、やっぱり音楽でしょう。音楽。

3階席から観た映像の助けを得て、記憶の片隅に住み続けていた音楽。そう、流れる曲がやっと覚えられました。しかし、やはり弱いような気がします。劇伴曲ってもっと耳に残るのにな><なんか残らない。それがとても残念。無音のコンテンポラリーとかではないのだからね。


======================>>=======


今回の増田さんの素晴らしいところは、役柄のデクレッシェンドを演じているところだ。

人間、何かをきっかけにふつふつと煮えたぎる。一か所に詰め込まれで気が徐々に動転していく。ということがある。それは急激に起こることは少なく、美しいクレッシェンドを描くようにUPしていくもの。

今回はその逆。頂点から平常への逆再生みたいなものだ。こういう場合、しゅんとなるような短いデクレッシェンドなら楽なのに、なだらかに(Chapter)毎に平凡な男性になる。それを細かい演技、特に表情で表しているのだから、役者さんたちもきっと増田さんが不思議でしょうがないのだろうな。

まっすーすごいよ!ファン一同、最終公演までを毎日応援していますよ。


眠くて…眠くて…何を書いていたんだろう><書きたいけど寝るワン。







千葉くん、花奈ちゃん、永遠って怖くないですか?






関連記事

| 増田貴久 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード