アオハライド 

ゆぅりです。

wktkラヂオ学園に原作の作者さんと編集者さんが来局していた「アオハライド」の映画を観てきました。

本編を崩すことなく、10巻までのストーリーを上手く脚本にしていて、万が一、親御さんと一緒に来たことを想定してか(笑)、家族愛が熱く演出されていました。


左隣は男性ペア←みつきちゃんのファンかな?、右隣は女子高校生ペア←千葉くんのファンでした。目立ったのは男子グループ。案外多いんだな~ってビックリ。
わたしが年寄りなだけで、等身大の彼らが観るのは普通のことなんだよね。女の子の漫画とか、連載が別冊マーガレットだからとかじゃなくて、まさにアオハルなんだもん。


シゲちゃんもラジオの中で、読んでキュンキュンしたってお話していましたよね?個人的には映画よりも原作の方がはるかにキュンキュンします。
もし、原作を読まないで映画だけ観た方は、マガジンレンタルしてみてください。すでに12巻までの発売ですが、10巻までが映画になっています。


子役の男の子がかっこ良かったんですけど、シゲちゃん、中学生の頃だったらはまり役だったんじゃないかしら?なんてことも思いました。

みつきちゃんの役がね、まぁ、濃いめな役でピッタリでした。彼女の魅力って普通の女優さんとは違ったものがあって、まっすーと共演している未来ロケットで感じる不思議さ以上のものをかんじました。


終演後に、ストロボエッジの予告が流れた時の盛り上がりが半端なくて、これ観に行こう!って思いました(笑)


そんなクリスマスイヴイヴでした。

今日もお越し頂きありがとうございました。

関連記事
[ 2014/12/24 08:19 ] ひとりごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masschi.blog97.fc2.com/tb.php/935-ca13f6f9