--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2015.02.26 19:08

ゆぅりです。

アルバムを聞き始めています。

といっても、貧困な我が家はオーディオを削減してしまい、いい音で聴くことができません。主にiPadにイヤホン装着しての鑑賞がほとんどです。いい音で聴きたいです。だれか~~~(*´^`*)

昨日のblogの「続き」に書きましたが、今回のアルバムはソロ曲が際立っています。ここでも刃を剥きますけど、ソロ活動が闊達だった成果のように感じてしまいます。もっとNEWS!もっとNEWS!って昔、慶ちゃんがライブで煽っていたことを思い出しちゃいました。

そんな4人のソロ曲に切り込んでみようと思います。そして、わたしの偏りを知っている人には違和感がないと思うのですが、主に楽曲に視点が偏ってしまいますことをお許しください。歌詞を置き去りにしてしまっている時があります。


では、良かったら続きに語るソロ曲について、どうぞ。

今日もお越しいただきありがとうございました。








みんなが白い衣装な気がするけど、白いのは祐くんだけなのかも?って思い始めてます。慶ちゃん、色の濃い目のスーツがいいなぁ〜二色使いの。まっすーは金色を使った衣装。シゲちゃんはシルバーのスーツかなぁ。ソロ曲の衣装、とっても楽しみです。



ロメオ2015@小山慶一郎

亮ちゃんと2人で歌っていたライブを見ていないわたしなので、その過去のライブがどうだったのか想像してしまう自分が残念でたまりません。慶ちゃんのコヤシゲ以外のデュエットは、Pちゃんとの銀ラブしか生で観たことがないはずなの。

亮ちゃんを想うとせつなくなる自分…ここではその気持ちには完全に封印をしました。


ラテン調の曲調がオトナな感じで、すんなりと慶ちゃんと溶け合っていていい感じ。余分なものが無い(SEとかそういうの)分だけ、歌謡として真っ向勝負な感じが、ジャニーズアイドル的には新鮮な感じがします。

ビジュアルを知っているわたしたちには、スラリとした肢体をスーツに包んで歌う慶ちゃんが浮かんだのではないでしょうか。30歳を超えて、オトナの色気を漂わせる様が想像できました。

アナウンサーの利。滑舌の良さは、歌詞の内容を伝えるに役立ち、わたしがずっと感じていた声帯の震えを感じさせなくなっていて、この曲に関しては歌に耳が集中しました。ほんとっ、歌が上手になって泣けてきますヽ(;▽;)ノ

片手ほど聞けば一緒に口ずさむことができるのもいいですよね。パフューム@HSJ山田くんの曲も書いてらっしゃると思いますが、こういう雰囲気の曲が得意な方なのかな?と調べてみると、びっくりするほど事務所の曲を書いておりました(笑)無知だったわ~~~



Beautiful Skye@増田貴久

歌詞の理解の仕方によっては、増田さんの求めるなにか(自分?)が怖いくらい究極美で震えました。これを歌い、これを踊る。今、既に、受け止めきれない自分が、増田さんにジワジワと硬直させられていくのを感じています。

なーんちゃって(笑)

でも、そういうことを感じた方は多いのでは?ほんとっ、今回のソロ曲はお名前ともGAPが激しい(笑)


完全に彼も自分も異空間で陶酔している様が頭の中に浮かびました。彼が遠くに浮かび、自分はそれに届かず見続けていて…この曲が流れているの、歌い、踊り…増田さんが光った瞬間に自分は消えちゃうんですね。←ワケワカワールド展開中

この夢というか妄想で、頭の中のすんごい状態で、仮死状態になれる気がします。←って分かってくれる人居ないよね><


そんな主観が入った感情的な感想ではなく、客観的な第一印象としては流行りを常に吸収していること。前回はエレクトロミュージックなイメージでしたが、今回はPit Bullとかそっち方面の音楽が浮かびました。自分の悪い癖で、つい・・・っぽいって思っちゃうところ、直したいんですけどね。

一昨年あたりから、こういう曲の構成やアレンジってよく耳にしませんか。うーん、分かるよ!って人は挙手(*´□`)ノぁぃ!!

歌う、踊る、パニくる(笑)

ものすごくないですか?この歌。増田さんが歌うんですよ。どんなお顔するんでしょうか・・・・・・想像しただけで萌死'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

見ている自分は鼻血が止まらなくて、白い世界にに赤い斑点がいっぱい付着していくんです。でもそれが輝いて、ヒューって彼に吸収されていって←またワケワカワールド展開中


きりがないのでやめます。続きを話したい方は個別に(笑)



あなた@手越祐也

祐くん。もうぅ・・・・・抱きしめたい。どんなわがままも許したくなる。

歌詞も曲も編曲も歌も、すべてが一つになって響いてきました。歌に関しては何かを書くまでもなく、祐くんは生ける楽器ですものね。素晴らしかった。


1つ聞きたいのは、作曲者と編曲者にです。ってここに書くんじゃなくてツイッターで聞きなさいってか?←勇気がありません。

一つ目は、祐くんの声域に合わせてこの調にしたのか、それとも曲に癖が付かないようにこの調にしたか。
二つ目は、こういう曲でありがちな、ラスト盛り上がるところで、転調するのが定番←思い込み。なのに転調しないでそのまま突き抜けたか。

それなりに音楽をやっている人なら、すでにコピーが終わっていると思うんですね。聴いた瞬間に楽譜に落とせていく。Cdur(ハ長調)なんです。コードも難しくなくて、すでに弾き語りしているファンもいるかも?って。

Cdur(ハ長調)つまり、♭や♯の黒鍵(黒い鍵盤)を使わない、その白鍵(白い鍵盤)なところが、今回のアルバムのテーマであるホワイトなのかな?とか勘ぐりいれてみたりして(笑)

だれか、作曲者と編曲者に聞いてみて~←ってか聞きなさい(´・_・`)



ESCORT@加藤シゲアキ

すでに昨日ワケワカワールドを展開したんですけど、第一印象が昨日書いた通りだったんです。
↓↓↓
昨日書いたことは、ファルセットとギミックなリリックにアレンジ、オシャレでキュンとするそのイメージは、なんていうんだろう?思いっきり自分をおしゃれに決めて歩かせているような、そんなイメージ、でした。

ポイントはオシャレな曲ではなくて、オシャレに決めているシゲアキ。なんですよー!!わかります?

想像しただけでキュン死しちゃう。もぅぅ、シゲちゃんったらっ。大好きっ
オシャレに決めているんだけど、ほら、突っかかったり、落としたり、おにぎり食べたり(笑)それでも好きっ


今回も理解がまだできていない歌詞については後日分析をしようと思っています。←誰も待っていない(´・_・`)


曲については一昔前のイメージがありました。わたしが古い人間なのと、先ほど書いたように、っぽいって思うイケナイ癖のせいかもしれません。

EPの音がフェンダーのローズちゃんで、ホーンセクションを使ったアレンジとか、あとはコード展開もオシャレコード連発のね。シゲちゃんだーってなる。

曲を聞いていてもご両親の影響があるのかな?って感じることが多いんですよね。ってか年上の方との付き合いが多いのかしら?

音楽の幅が広くてたくさん聞いているとしても、なかなか自分の中に消化できないと思うんですよ。それができていて表現できているっていう素晴らしさを感じっています。やっぱり秀才なのかなぁ~←天才とは言わないぞ(笑)


でもさ、ひどいんだよ。フラゲ鑑賞会の時、Dreamcatcherの時のピンクの衣装のままでいいじゃん。とか言われたんだよ。キラキラした白銀のスーツかもしれないのにさー。

最近はシゲちゃんにあまあまあまあまあまあま…ふふふ(〃∀〃)ゞ


と、長くなるのでおしまいです。


ここまで読んでくださった方は是非感想をお願いいたします。なぁんてね。


長い長いお付き合い、ありがとうございましたっ。大好きっ(ᐥᐜᐥ)♡ᐝ




関連記事

| NEWS | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。