--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2015.03.03 01:29

ゆぅりです。


学生時代はギターを弾く彼と一緒に歌ったりセッションしたり、曲を作ったりアレンジしたり、自由な時間を何時間も過ごすことができていたのに、今は日々の生活に追われ、過去の音と若さに満ちた生活を夢見る日々です。そんな今のわたしをどこかに連れて行ってくれるのは増田さん。


あ、また、わけわからんことを…(笑)

ふふふ、わけわからないことは続きに。


今日もお越し頂きありがとうございました。







今回のソロ曲はわたしのお気に入りでないフレーズがあって、最初はそこが嫌で気になってしょうがなかったのだけど、今はそこに興味が集中して気になってしょうがない。

増田さんの特徴的な歌い方だから…こじ開けて入って行きたくなる。中に何かあるんじゃないかと思って…ふふふ。



今回のソロ曲も中毒性が高くて、永遠永遠永遠・・・・・一曲リピートができるという。もう30分以上聴いているけど、きっとこれを書き終わるまでぐるぐるぐるぐる・・・・・。


歌っているお顔の歪み具合、
手ひらの位置、
指の動き、
首の角度、
唇の動き、
肩の筋肉、
つま先の向き、







この曲のすごいところは、増田さんそのもので、艶めかしく襲ってくるところ。

神々しく曲に入った後、荒々しくなるかと思いきや、落とされてしまうところ。


UNBREAAAAAAAAAAKABLE~~~

真っ直ぐなノンビブラートな声が、あの太い首と喉仏を震わせて発せられているのを想像して、身体が硬直する。


まるで十字架にはりつけにされた感覚のまま、昇りつめて昇りつめて、身体が火照り過ぎてしまうくらい。


RAPに突入すると激しく身体を揺さぶられるような衝動に駆られる。

恍惚と意識のないまま身体の中を踏みつけられて突き抜けていく。


我に返ると曲は終わっている。彼は居ない…


まぢか。。。。。



その繰り返し(苦笑)
いくらでもできますよね←変態か!




関連記事

| 増田貴久 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プライベートモード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。