201703<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>
文章ここからのフリースペースです。
ゆぅりです。


ブログを初めて10年近くになりますが、朗読の感想を書くのは初めて。

3回聞いた感想です。
1回目はフラゲ会で音だけ聴かせてもらい、
2回目は音だけ今朝聴き、
3回目はお昼休みに少しだけ聴きました。




~朗読~



なんだろう、全く違った世界観が感じられたの

映像の流れていく文字や
ブルーからオレンジに変わりゆく色を見ず
耳に流れてくるままを受け止めるのと
楽曲の歌詞で聴くものとの乖離が激しい

という表現になるのかな?

少しだけ重量感が増した、ぼてっとした感じを受けました。


4人の本当の?声が聴けたという事実にざわついた心を
4人には知られたくなくて隠している自分、そんな気分とも言えるかも。



祐くんの声は、風に乗って流れてくる浜砂のようで、湿気を持たないさらさらとした感じ、キラキラと太陽に反射する響きがあって、わたしが一番好きな声かもしれない

まっすーの声は、気持ちが整頓された感じで、負けん気が少し残ってて、立ちすくんで振り返るも、すぐに前を向いて歩いて行ける感じ、ずるいのは入りの低音に色気があるところ…ずるいよ、まっすー

シゲちゃんの声は、言葉をアルファベットにした時、最初の文字が太字の大文字みたいな、夏だったらNAtsuみたいな感じでね、母音が強いし、噪音←非楽音が多くて太く感じる、ちょっとエロチックな響きがあるのは気のせいかと思うけど、好きな人いるんだろうな~

慶ちゃんの声は、感情がとってもこもっていて、一人芝居になってたよ、そしてあまりよい表現では無いかもしれないけど、ちょっとひなる感じ…締め付けた泣きが入ったようなそんな感じ、夜会の時に女の子泣きしたじゃない?そのイメージが朗読にも…



ベースが似ているまっすーと慶ちゃんは、歌では感じなかった似ている響きが感じられて、ドキドキしたなぁ~
昔、Kラジでどっちが喋っているかわからなかった時代があったこと、思い出しました。
大人になったら、まっすーの低音が成長したからわかるようになったよね。



まだ、3回しか聞いていないから、これから一週間の間にお耳も成長するかもしれない。

祐くんから、シゲちゃんが好きになっているかもしれない。まっすーよりも慶ちゃんが好きなっていることはないと思うけど、いっぱい聞こうと思います。



今日もお越し頂きありがとうございました。

おしまい♡





関連記事
カテゴリ:NEWS | TB(0) | CM(0) Page Top↑

コメント


トラックバック

トラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)